2018/10/12

混声女子会報告

いま女子会から帰って来ました🍻
皆さん お話しに花が咲き 美味し~い、楽し~い一時でした😊

2018/09/30

9月の報告

 日照り続きの8月から一変、雨ばかりの9月でした。そして、21号と24号と大きな台風が2つも襲来してきました。伊勢湾台風を思い出したと震えていた団員がいました。

出席の状況
9月07日(金) S-26/27 A-26/27 T- 9/10 B-6/9 計―67/73 91.8%
9月14日(金) S-25/27 A-26/27 T- 7/10 B-7/9 計―67/73 89.0%
9月21日(金) S-26/27 A-26/27 T-10/10 B-7/9 計―68/73 93.2%
9月28日(金) S-23/27 A-24/27 T- 8/10 B-7/9 計―62/73 84.9%
指揮 : 荻野砂和子先生  ピアノ : 伊與木慶子先生

練習の状況
新しい楽譜が配布されるとき、その曲の練習用CDも一緒に配られます。各パートの音取り用です。
このCDがなかなかの優れものです。単にそのパートの音を鳴らすだけでなく、人間の声で歌ってくれるのです。階名ででも、歌詞をつけてでも歌ってくれます。勿論、ピアノ伴奏付きで、楽譜通りの正確な速度で歌ってくれるのです。従って団員は、車の中で聴いたり、家での作業中にバックグランドミュージックの感覚で聴いているうちにいつの間にか覚えてしまうのです。
また、さらに優れているところは、それが合唱をやってくれるのです。各パートの声を一つにして混声四部合唱をやってくれるのです。
ああ、こんな風に構成されているのか、カッコいいなあ。わっ! この和音きれいだなあと感動させられたりします。
いま練習している曲は、川崎洋の詩による五つの混声合唱曲「やさしい魚」(新実徳英作曲)です。
楽譜の説明によると、初演は、1982年、松原混声合唱団、指揮関屋晋、ピアノ田中瑤子とあります。
こうした現代の合唱組曲を、私たち誕生してまだ幼い江南混声合唱団(73人)が、いいなあと心惹かれ、一生懸命練習できるようになったことは、すばらしく嬉しいことに思います。
音楽委員の皆さんありがとう。

でも、CDだけに頼りすぎてはいけないとも思います。楽譜をちゃんと見て、自分で鍵盤をたたいて音を探すということも疎かにしてはいけません。詩を読むことも大切です。耳で覚えるだけでなく、目でも学習しましょう。そして、練習日は、先生の指揮をしっかり見て歌いましょう。

今月練習した曲
ロシア民謡「行商人」「赤いサラファン」
「となりのトトロ」「さくらんぼの実る頃」「君をのせて」
「鳥が」「やさしい魚」など

2018/08/31

8月の報告

 猛暑日36日。記録に残る今年の夏も、カレンダーの上では終了となりましたが、暑さは、まだ続きそうです。でも、私たち江南混声72人、異常気象もなんのその!! 素晴らしい出席率です。

出席の状況
8月03日(金) S-24/27 A-24/27 T-9/9 B-9/9  計―66/72 91.7%
8月10日(金) 夏休み
8月17日(金) S-22/27 A-26/27 T-6/9 B-9/9  計―63/72 87.5%
8月24日(金) S-25/27 A-26/27 T-8/9 B-7/9  計―66/72 91.7%
8月31日(金) S-21/27 A-24/27 T-9/9 B-7/9  計―60/72 83.3%

指揮 : 荻野砂和子先生  ぴあの : 伊與木慶子先生

活動の状況
 委員会の中に、幹事会というのがあります。団運営に関する色々なことを話し合い、役員会もしくは全体会に提出する議案の準備にあたります。
 委員の構成は、団長・副団長、書記・会計、各パートリーダーおよび団内指揮者で、進行は、総務が行います。参加は、自由です。
 その幹事会が、8月30日(木)の午前にありました。
 内容は、「台風などによる警報の発令と合唱団の活動について」でした。
 先週木曜日に台風20号が吹き荒れました。幸い翌日の金曜日にはおさまり、練習に影響は、ありませんでした。
 しかし、次の21号が迫ってきています。来週中頃上陸の予報です。915hPaという猛烈に凄いやつです。また、秋雨前線も各地に大雨をもたらしています。
 そして本日、つい数時間前にあった雷雨の凄かったこと。本当に何が起こるかわかりません。
 団員の安全に対する配慮を怠ってはなりません。

○警報(雨・風・雪など)発令中は、練習その他活動は、行わない。
○連絡網をしっかり確認する。

などについて検討され、本日、練習後の全体会で報告・承認されました。
私たち、江南混声72人、横の繋がりもしっかり持つことが出来て、安心・安全です。
あとは、合唱力の向上のみです。

今月練習した曲
*新実徳英作曲「やさしい魚」から「天使」「鳥が」
*宮崎駿アニメ名曲集より「風の丘」「君をのせて」
*ロシア民謡から「ヴォルガの舟歌」など


2018/07/27

7月の報告

 豪雨のあと、強烈な夏の高気圧は、連日・連々日40℃近い、猛烈な暑さをもたらしました。そして、日本の最高気温が、41.1度と更新されました。もうウンザリです。

出席の状況
7月06日(金) S-25/27 A-23/27 T-5/9 B-6/9 計―59/72 81.9%
7月13日(金) S-21/27 A-25/27 T-6/9 B-8/9 計―60/72 83.3%
7月20日(金) S-24/27 A-23/27 T-7/9 B-8/9 計―62/72 86.1%
7月27日(金) S-23/27 A-23/27 T-6/9 B-6/9 計―58/72 80.6%

指揮 : 荻野砂和子先生  ピアノ : 伊與木慶子先生

練習の状況
元気印、江南混声72人。この暑さにウンザリしながらも頑張っております。
7時かっきりに発声が始まります。発声の中にはリズム体操のようなものも行われます。歌いながら手拍子を取り身体を動かします。だんだんスピードが増すとごちゃごちゃになってひっくり返る人もいます。発声の後は、男声部と女声部に分かれパート練習。そして、8時から約50分合わせです。
この合わせは、緊張の時間です。指揮者荻野先生は、すばらしい耳をお持ちで、72人全員の声を聴き分けていらっしゃいます。誰かの音が外れるとすぐに指摘されます。みんな緊張して一生懸命です。9時、練習が終わるとドッと疲れがでます。
緊張と緩み。メリハリが極端な合唱団です。一生懸命練習する反面、楽しいことが大好きです。

7月17日(火)に、女子会がありました。ピアニスト伊與木先生の歓迎会と称する食事会です。27人の出席がありました。男会は、20日(金)の練習後、24時間営業のレストランで、荻野・伊與木両先生を招待して行いました。ビールだけではおさまらず、ワインもボトルで複数本。よく飲みしゃべりました。  
W氏が先生に言いました。「先生の眼が、よくぼくに向かって飛んできます。おかしい音をだすのは、僕ではないですよ。あれは、隣のHさんか後ろのSさんですよ。」と。みんな、「ウソつけ、お前だ。」と大笑い。
すばらしい指揮者。すばらしいピアニストで、江南混声は、幸せです。

第9回演奏会の日程が決まりました。
平成31年4月21日。

今月練習した曲
「やさしい魚」(川崎洋詩・新実徳英作曲)より「感傷的な唄」「ジョギングの唄」
宮崎駿アニメ曲「さくらんぼの実る頃」(寺嶋陸也編曲)より「風の丘」「君をのせて」
ロシア民謡より「バイカル湖のほとり」など